「憂世」における「浮世」への招待

クリスティーズ ジャパン社長 山口桂

今日のテーマは、「浮世の画家」…といっても、ノーベル文学賞作家カズオ・イシグロの小説のことではない。イシグロの小説の舞台は世界大戦の頃の近代日本だが、今回の私の「浮世」は、時代を遡って「近世 江戸時代」の日本だ。まずは読者の皆さんに質問したい。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます