三菱重工、脱炭素へ新技術育成 中長期でROE20%

小沢寿人 常務執行役員兼最高財務責任者

三菱重工業が脱炭素時代に合わせた事業構造への転換に挑んでいる。タービンを含む主力のエナジー事業では、石炭火力分野で合理化を進め、水素発電など新技術の育成を急ぐ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます