関西スーパー争奪戦、タブーなきM&Aの攻防

M&Aエディター 奥貴史

関西スーパーマーケットの争奪戦が勃発した。阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)の傘下に入ると発表した関西スーパーに対し、首都圏を地盤とする非上場のオーケー(横浜市)が買収提案をしていたと公表したからだ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます