野村不動産HD、身軽な資産で成長を持続

黒川洋 グループ最高財務責任者

野村不動産ホールディングスが資産構成の多様化を進めている。主力の住宅や中規模オフィスビルの開発は拡大しつつ、新型コロナウイルス禍を経て需要が高まった物流施設やシェアオフィスなどの開発も強化する。財務規律を保ちつつ、どう収益の拡大を図るのか。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます