不動産節税、敗訴招いた三菱UFJ信託の稟議書

企業税務エディター 川瀬智浄

富裕層の不動産節税はどこまで認められるのか――。4月19日、不動産節税に対する国税当局の課税処分の是非が争われた税務訴訟の最高裁判決があった。最高裁は「相続人らは税負担の軽減を意図して(不動産購入と借り入れを)行った」ことを重視。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます